30代資産3000万円夫婦2人セミリタイア可能?

出口戦略

セミリタイアしたい人の中ではいくら貯めたら引退できるのか気になる方多いですよね。その中でGoogle検索すると多いワードが”セミリタイア 3,000万” というワードです。

本当に3,000万円あればセミリタイアできるのでしょうか?

今回は30代夫婦共働き子供なし世帯が、資産3,000万で本当にセミリタイアできるかを検証していきます。

✔︎こんな方に観てほしい 

  • 夫婦二人でセミリアイアを考えている方
  • セミリタイアした後の収入と支出が気になる方
  • セミリタイアした後の年金受給額が気になる方

結論 30代3,000万円で夫婦セミリタイアは基本困難

結論としては、基本難しいです。但し条件次第では可能です。

理由は、事業収入や給与収入がないと毎月の支出をカバーすることが出来ないからです。自分のペースで働きたくてセミリタイアしたのに週5日アルバイトしないといけない可能性もあります。

豊かで時間に縛られない自由な人生を夫婦で送るためにセミリタイアしたのに、結局同じくらい労働に時間を使っていては本末転倒ですもんね。

30代夫婦2人暮らしセミリタイア後の支出額

支出合計金額:28.3万円

30代夫婦2人暮らし支出額
  • 支出額=25.9万円
  • 国民年金保険料=1.6万円
  • 国民健康保険料=0.8万円

セミリタイア後にかかる支出額の合計は、月28.3万円でした。

あくまで参考値なのでもっと安くできる可能性が大いにありますけども、2人世帯の平均額で割出しました。

セミリタイア後に生活するためには、月30万近くかかるのは結構ハードル高いなと思いますよね汗…..

支出額:25.9万円

支出額は、下記を元に算出します。

総務省「家計調査年報」に記載されている30代2人以上の支出平均は、25.9万円でした。

セミリタイア後の2人暮らしの平均支出額がないため、あくまで30代2人以上夫婦の平均支出額を参考とさせて頂きました。

統計局ホームページ/家計調査年報(家計収支編)2018年(平成30年)
総務省統計局、統計研究研修所の共同運営によるサイトです。国勢の基本に関する統計の企画・作成・提供、国及び地方公共団体の統計職員に専門的な研修を行っています。

国民年金保険料:1.6万円

残念ながらセミリタイア後にかかる支出以外のお金があります。

それが国民年金保険料と国民健康保険料です。

尚、本来なら上記の「家計調査年報」に社会保険料は、支出25.9万円の中に包含されています。

しかし今回は、リタイアすることで会社員から自営業になることでかかる料金が発生することを知るために、国民年金保険料と国民健康保険料を追加させて頂きます。

国民年金保険料は、日本の年金制度の1つで基礎となる年金です。60歳まで支払うと1人年間78万円もらえます。

この国民年金を満額もらうためにも必ず支払っておきたいですね。

国民年金保険料は、1人月16,340円必要です。但し配偶者控除を利用すればどちらか片方のみの支払いでOKです。ここでは一人のみ支払う計算とさせて頂きます。

※夫婦どちらかは配偶者控除内の年間所得が48万円までの所得とする前提での国民年金保険料です

個人事業主の場合、配偶者控除は年間所得48万円までです。個人事業主の場合、パート103万円の壁は当てはまらないそうです。詳しくはこちらに詳細が記載されてます。

個人事業主として開業しながら扶養に入る際の注意点 | 開業届作成ソフト マネーフォワード クラウド
テレワークの認知も広がり、さまざまな働き方が可能になりました。主婦(主夫)として家庭にいるけれど、空いた時間を生かして開業したいと考えている人もいるのではないでしょうか。ここで問題となるのが、「扶養」についてです。 この…

国民健康保険料:0.8万円

国民健康保険は自営業や無職の方が自分で納付する保険です。また市区町村によって値段が違い、関東圏は安くその他地方が高い傾向です。

今回は、例として東京都江戸川区で国民健康保険料を計算します。

1人目:年収120万、2人目:年収40万のケースで計算した結果、夫婦2人で月8,040円必要です。

次にシミュレーション毎に実際にセミリタイア出来るかを見て行きましょう。

30代夫婦2人暮らしセミリタイア後のシミュレーション

貯金取り崩しのシミュレーション

単純に貯金3,000万円でセミリタイアした場合は、貯金額3,000万円を取り崩すことになります。

3,000万[貯金]÷28.3万[支出]=106ヶ月[貯金0になる年月] 

8年8ヶ月で貯金が底を尽きます

インデックス投資で4%ルールで定額取り崩した場合

資産3,000万円をすべてインデックス投資で保有していた場合の計算をします。

ご存知の方も多いかもしれませんが、インデックス投資を毎年4%定額取り崩していくルールです。

3,000万(資産)×4%=120万(定額取崩し金額)

120万(定額取崩し金額)÷12(ヶ月)=10万(定額取崩し金額/月)

28.3万(支出合計)-10万(定額取崩し金額/月)=18.3万[不足金額]

よって夫婦でセミリタイア後、18.3万円稼ぐ必要があります。また税金を考慮すると20万円稼がないと不安です。

ですけど、私も含めて月20万円を自分で稼ぐのは厳しいですね。。。

インデックス投資定額4%取り崩しルール

インデックス投資定額4%ルールの手法は、資産の組み合わせが株式:50%、債権:50%ですと、なんと30年後の年金が受給開始される頃まで残る確率は、96%です。

安全な定額取り崩し方法としてFIRE界隈では有名です。

実際に丁寧にまとめている記事がリベラルアーツ大学にありますので、気になる方は是非参考にしてください。

インデックス投資の出口戦略!増えた資産を最高効率で活用する「4%ルール」を解説!
インデックス投資での出口戦略を考えていますか?実は、とあるポートフォリオで決まった金額を取り崩せば資産を半永久的に長持ちできるのです!

老後の生活のシミュレーション

65歳後の年金生活についても気になっている方が多いかと思ったので、30代でセミリタイアした後、年金がいくら受給出来るかもシミュレーションします。

今回は国民年金と厚生年金の受給額を計算します。

尚、iDeCo,企業DC等の年金を現在貯めていて、65歳から年金が入る方も多いかと思いますけども、個々人による差異が大きいと思いますので、今回は割愛させて頂きます。

Woman and senior couple walking in city park. Autumn, cityscape, urban lifestyle flat vector illustration. Weekend and season concept for banner, website design or landing web page

年金受給額合計:17.2万円

  • 夫婦ともに会社員
  • 会社員勤続年数が13年
  • 夫:400万円(平均年収)
  • 妻:300万円(平均年収)

上記の条件の夫婦の65歳以降の年金合計金額は、17.2万円となりました。

尚、平均年収は会社員として働いた13年間の平均年収です。

これにプラスでインデックス投資4%ルールで資産3,000万あれば、月10万プラスになるので65歳以降は、月27.2万の収入があれば支出をカバーできると思います。

国民年金受給額の計算

現在の制度の運用ですと国民保険料を60歳まで全て納税している前提で65歳から月13万受給できます。

基礎年金78万×2人=156万[年金受給額/年]

156万÷12ヶ月=13万円[年金受給額/月]

厚生年金受給額の計算

結論として、月4.2万受給できます。

夫婦二人共に現在厚生年金を支払っている35歳の同じ歳の会社員だと仮定し、夫の平均年収(※)400万、妻の平均年収300万のケースで計算しましょう。

 夫) 400万÷100万×5500円×13年=28.6万(厚生年金/年)

 妻) 300万÷100万×5500円×13年=21.45万(厚生年金/年)

 夫婦)  28.6万+21.45万=50.05万(厚生年金/年)

    50.05万÷12ヶ月=4.2万(厚生年金/月)

30代貯金3,000万円でセミリタイアできる夫婦の特徴

30代3,000万円でセミリタイアできる夫婦の特徴
  • 既に本業以外で20万円以上稼いでいる方
  • 支出が10万円以内の夫婦
  • 片方のみセミリタイアする夫婦

ここまでで30代で資産3,000万で夫婦2人引退するのは、ハードルが高いです。

もしそれでもセミリタイアできる特例は、上記の3つですね。

既に本業以外で20万円以上稼いでいる夫婦

既に本業以外で20万円以上稼いでいたら収支がプラスになります。

また自営業者となり、家賃や仕事関連を経費で使えるので税金メリットがありますけども、税金を自分で納税しなくてはならないです。

収支プラスでも翌年に税金を支払う分も加味して稼がないとなりません。

支出が10万円以内の夫婦

これは家賃が安い地方or実家暮らしで且つほぼお金使わない生活していないと二人暮らしで支出10万円で生活は厳しいですね。かなり無理ゲーな気が個人的にはします。

・片方のみセミリタイアする夫婦

これはもしかしたら今の職場が夫、妻どちらかが気に入っている場合にはあり得るかもしれません。

有名ユーチューバーのアラサーdeリタイアのちーさんは、このタイプでリタイアされてますね。

このケースでセミリタイアする方は、継続して働く夫or妻の理解や丁寧な説明が必要だと思います。

まとめ

夫婦2人で資産3,000万でのセミリタイアは厳しいです。

まずは貯金率を上げ、投資に回して不老所得を上げるようにしたいですね。

それと同時にセミリタイア後の事業所得を上げられるよう副業での稼ぎを今からやり始めるのが良いかと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました