【家計の失敗談】 30代ポンズのセミリタイア〜しくじり期〜

家計見直し

こんにちは。ポンズです。私は妻みりんと平和で穏やかな生活をしております。

しかし現在に至るまでしくじり続けており、家計が黒字にならないばかりか、家計を管理できていない状況が、2年前まで続いていました。

私のしくじりを通して、離婚した人がどんな家計状態になるのか、またどうやって家計を見直せるのかを参考にして頂ければ幸いです。

✔︎こんな方に観てほしい 

  • 離婚して貯金が減って絶望している方
  • お金が貯められない方
  • 家計の見直しをしたい方

結論 家計の失敗しても自覚し改善すればやり直せる

ポンズのしくじり期 ~初婚時~

・夫婦でお互いの給料を知らない

・自炊をせず外食が当たり前

・夫婦仲が悪い

ポンズは30歳まで独身で特に家計簿を付けず、無計画に貯金をしていました。

実際に30歳で初めに結婚した際は、貯金400万円でした。

結婚式を行い、新婚旅行へ海外に行き、新居に引っ越した結果、貯金が200万円の半額に減っていました

また当時の私も前妻も家計簿を付けておらず、口座も別管理で相手の給料も知らない状態でした。

週5でランチに行き、週2で飲み会に参加し、平日は一切自炊せずコンビニや外食で済ませる生活でした。そのためボーナス以外は貯金できなく、結婚生活3年間で溜まったのは150万円でした。

結局溜まった150万円も前妻に全額渡し、独身時代から貯めた貯金200万円のみ残りました。

当時を振り返ると貯金をする意識がなく、夫婦仲も悪く、毎日のように喧嘩をし、外で飲むことでストレスを解消していました

そんな生活をしていたので全くお金が貯まらなかったです。

初婚時のしくじりで実感したことは、お金の価値観、人生で大切に思うこと、家族構成や生活環境が似ている人でないと結婚して楽しい人生を送ることが難しいとわかりました。

もし独身の方には私のようなしくじりをせず、自分と近しい価値観の方と結婚することが大切です。できない相手との結婚は、自分の人生を大きく狂わせます。

結婚は、自分と近しい価値観の方と一緒にならないと人生最大級の辛さを味わいます

家計を見直す3大機会

・老後2,000万円問題

・昇格による給料UP

・みりんとの出会い

離婚後、自分の人生を立て直そうとしていた矢先の2019年に、私にとって大きな出来事が3つ起こりました。

老後2,000万円問題

2019年6月金融庁の金融審査会が公表した報告書で65歳までに1人2,000万円貯金がないと老後破綻するという趣旨の内容です。

私は心底驚き、不安に駆り立てられました。当時200万円しか貯金がなく老後に2,000万円まで貯金出来るか不安で仕方なかったです。

不安に思った私は、翌週に老後2,000万円セミナーに参加し、iDeCoや企業型DC、積立NISAの税制優遇策などの制度があることを知りました。その後に少しずつ自分で本を読むことで制度を理解しました。自分が対象として利用できる制度は積極的に利用しました。

その中で気付いたのは、会社員で一番税控除があるのは企業型DCのマッチング拠出であることに気付きました。理由は、手取りで給料引かれる前の金額で拠出される(全額所得控除)ので、お勤めの会社で加入しているか、また追加で自分が金額を捻出できるマッチング拠出をできるかを確認すると良いと思います。私も現在1万円マッチング拠出を行っています。

企業型DCマッチング拠出は、手取り給料引かれる前の額面金額から拠出されるので、iDecoや積立NISAより税制メリットがあります。

下記のURLで詳しく記載されています。

企業型DC(企業型確定拠出年金)ってなあに?-制度の概要-
老後に役立つideco(イデコ)や企業型DC等の確定拠出年金について詳しく解説

昇格による給料UP

・手取り収入10万円増える

・企業型DC拠出金2.8万円増える

老後2,000万円問題でどうやってお金を貯めれば良いかを悩んでいた頃、上司に呼ばれ会社の制度が変わるのと同時に、運良く昇格することを伝えられました。

そのおかげで手取り収入が10万円増えました。また会社の年金制度が、企業年金から企業型DCへ移行になったおかげで月7千円→月3.5万円積立拠出金が増えました。

みりん(妻)との出会い

・過去の失敗を元にどんな女性だったら幸せになれるかを考える

・男女関係なく出会いの場に顔を出す

前回の結婚生活の反省を踏まえ、どういう女性となら一緒にいて幸せになれるのかを自分なりに真剣に考えました

その結果、穏やかで見栄を張らずに打算的でなく誰に対しても良い人という結論に至りました。

離婚してから飲み会へ積極的に参加し、男性女性関係なく多くの方と会う中で運良く、現在のポンズ家の妻みりんと出会ってお付き合いすることになりました。

まさに自分が幸せに思い描くイメージをそのまま体現している方だったので、本当に人生は運悪い時はトコトン悪くなりますが、運が良い時はトコトン良くなると思いました。

人生山あり谷ありです。悪い時のことを反省し修正することで良い人生にできると信じてます。

家計の見直し期 〜ポンズ〜

1. ランチ代の節約

2. 飲み会の回数を減らす

3. 携帯を格安SIMへ移行

4. 保険の解約

5. 家計簿をつける

2年前に家計を見直そうと思ってから実行した取り組みを5つ紹介します。

結論としては、家計の見直しを行った結果、合計毎月118,500円削減できることに成功しました。

1. ランチ代の節約

・食べに行く店をチェーン店に変更

・ランチ代は食後コーヒー含めて1,000円までルール

老後2000万円問題で老後の不安を感じていたので、給料は増えましたがランチに食べに行く店を食べログの評判店からチェーン店に切り替えました

今まではランチに1,000円以上使うことはザラにありましたが、ランチ代は食後のコーヒー含めて1,000円までというルールに変更しました。

家計を見直そうと思った日から始めることができました。この見直しを行なった結果、毎月5,000円貯金が増えました。

2. 飲み会の回数減少

・飲み会頻度を週1回に減らす

・本当に行きたい飲み会しか参加しない

離婚後に私がヒマになったのでありがたいことに色んな方からお酒に誘われ、週3回飲みに行ってました。

飲み会の中には行かなくても良いなと思う飲み会や毎回同じような話だけする飲み会も多々ありました。

また後輩との飲み会も多かったこともあり、飲み代約7,000円を毎回払ってました。

飲み会含め交際費は、月10万円かかっておりました。

家計の見直しの記事を読んで、自分が圧倒的に交際費への支出が多いことがわかりました。

お金を払っても後から後悔しない飲み会以外は断ろうと思い週3回→週1回に減りました。そのおかげで交際費は月10万円→月4万円に減り、毎月6万円貯金が増えました。

副次効果もあり、お酒も抑えられたことで健康的になり、空いた時間を好きなことに使え、物凄く生活が快適になりました

3. 携帯を格安SIMへ移行

・ドコモ→格安SIMへ切り替え

・自分が納得するまで下調べする

両学長の動画を見初めて、固定費を減らすことが大事ということは良くわかりましたが、私も初めは直ぐに行動が出来ませんでした格安SIMへ切り替えるまで6ヶ月時間がかかりました

色んな比較をし、最終的には楽天の格安SIM(ドコモ回線※)へ切り替えました格安SIMに切り替えた後も今までと何も変わらず通信やアプリと使えました。

大きく変わったことは携帯代が月1万円→月0.15万円と安くなったことです。これにより8,500円貯金できました。

※現在はdocomo回線での楽天モバイル格安SIMは廃止してます。

4. 保険の解約

・保障内容を確認し、解約しても問題ないか検証

・保険を全て解約

親が保険の代理店をやっていた関係で民間の生命保険や医療保険に入っておりました。

見直し前は、毎月4.5万円保険料を支払ってました。

私は保険の知識がなく親の言いなりに保険を入ってました。医療保険の内容は、年利0.5%に満たない年金型の養老保険、死亡一時金200万円の死亡保険、入院1日5,000円でした。独身者に戻った自分には全く必要としない保証内容でした。

保障内容を知って愕然とし、解約したいと親に伝えると烈火のごとく怒られました。

年金生活が始まっている親の収入が減る可能性があったので、

何て親不孝の息子だ。どんだけ今までお前にお金をかけてきたのか」と親に言われました。

しかし親の人生は親の人生で、私の人生は私の人生であることを根気強く説明しました。また独身に戻った身としては、保険を掛けすぎていることを説明した結果、最後は親も納得してくれて全て保険を契約することができました。これにより、毎月4.5万円貯金できました。

5. 家計簿を付ける

・全体の支出を把握

・各項目の予算と実績をつける

・工夫をすることで貯金額が増える

家計簿をMoneyForwardで付け始めました。まず自分がどれくらい支出をしているのかを把握することから始めました。

商品を購入ごとに家計簿をつけるのが面倒だったので、クレジットカードや銀行口座と紐付けしました。最初は手入力するのが面倒でしたが、慣れて来ると家計簿の入力自体が楽しくなりました。

結論としては、毎月30万円支出しており、食費や生活費等のカテゴリ毎に毎月の傾向も把握できました。

毎月高かった娯楽費(月1.5万円)の定額サービスをを調べ上げて、不要であった動画サービスやアプリを減らすきっかけになりました。

本当に必要な支出なのかを考えるようになり、どうすれば安く物が買えるか、お得に物が買えるのかを考えた結果、買い物は楽天経済圏で行うようになりました。またこの頃から自然とコンビニで買い物をしなくなりました。

最終的に毎月の支出は、8.5万円まで減りました。

  • 家計の見直しは固定費のできるところから少しずつ始めよう
  • 身近な人を巻き込む解約や変更は根気強く丁寧に説明しよう
  • 人付き合いは、本当に行きたいもの以外は行かなくても大丈夫

まとめ 家計失敗しても考え行動し習慣付けることで黒字家計に変身

・家計の見直し月11.8万円削減

・毎月貯金額 20万円

・成果が出ると自信になり、次の行動をしたくなる

今まで毎月貯金が出来なかった生活から支出を見直した結果、合計で月11.85万円貯金できるようになりました。

手取り金額も増えたため、月20万円以上貯金できるようになりました。

上記ができた要因としては、2つあります。

・家計簿をつける習慣ができた

・半年かけて少しづつ家計の見直しをした

1つは家計簿を付けたため、どれ位カテゴリ毎に支出を把握でき、予算化できるようになりました

もう1つは家計の見直しを半年かけて1つずつ行ったからです。一度に複数の見直しをやると面倒臭くて諦めてしまう自分の性格を知っていたからです。

自分の性格やスタイルに合う家計簿の改善方法があるので、焦らず1つずつやることをオススメします。

次回はOLみりんさんの家計見直しとポンズ家の結婚後の家計管理をお伝えします。

大変長い記事を最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【家計の見直し】 一般事務OLの家計改善 貯金5万円達成
こんにちは。ポンズです。「給料が低くて貯金に回せない.....」とお悩みの一般事務OLの方は多いと思います。下記のような悩みを思っている方に対し、解決できる記事になっています。✔︎こんな方に観てほしい継...
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました